自力で鼻を矯正したい!鼻筋を通したい、鼻を高くしたい・・・・そんな貴方の悩みを解決するための方法を紹介します。
鼻矯正情報.com
Total:    

◆鼻の仕組みと働きについて

鼻矯正情報.com  > 鼻の仕組みと働き

一重をデカ目にする手術しないでパッチリ二重になる方法【完全返金保障】
1日たった10分で自然な二重まぶたをお金をかけずに自分のモノにしちゃう魔法の方法!
芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『B-UPガールズ』
瞬間小顔矯正〜芝崎プロポーションクリニック〜
意思が弱くてもキレイに痩せるダイエット

外鼻

いわゆる鼻の外まわりを指します。骨と軟骨でフレームができていて、ピラミッド型をして顔面から突出しています。表面は皮膚でおおわれています。湿疹や皮膚の炎症を起こしやすい部分です。また損傷を受けると外鼻が変形をきたします。

鼻腔

鼻腔(びくう)は鼻の穴の中に相当します。鼻腔の前の入り口を前鼻孔と呼び、のどにつながるうしろの出口を後鼻孔といい、その中間には下鼻甲介(かびこうかい)、中鼻甲介、上鼻甲介と呼ぶ粘膜のひだが存在します。この粘膜がはれると空気の通り道を狭くするため、鼻閉(鼻づまり)が生じます。粘膜には鼻汁を分泌する細胞があり、吸った空気に適当な湿りけを与えます。しかし、この機能が亢進(こうしん)すると鼻汁過多(鼻漏)となります。

また粘膜の表面には線毛という細かい毛のような構造があり、ちりやほこり、こまかな異物をのどのほうに押し流すはたらきがあります。さらに粘膜のやや深いところにある血管は吸った空気をあたためるはたらきがあります。すなわち鼻腔にはヒーターやフィルター、加湿器の機能があり、吸った空気が気管や気管支に負担をかけないようなはたらきがあるのです。また鼻腔の奥の上部の嗅裂(きゅうれつ)という場所にはにおいを感じる、いわばセンサーの役割をもつ粘膜が存在し、これを嗅粘膜といいます。左右の鼻腔の境をしている壁を鼻中隔(びちゅうかく)といいます。

副鼻腔

鼻腔の周囲には副鼻腔(ふくびくう)という空間があります。ほおの内側の上顎洞(じょうがくどう)、両眼の間にあるし骨蜂巣(しこつほうそう)、おでこの内側の前頭洞(ぜんとうどう)、そして鼻腔の後方に存在する蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)に分けられます。各副鼻腔の表面は鼻腔と同じ粘膜が張っています。それぞれの副鼻腔は小さな孔を通して鼻腔とつながっていて、空気が出入りしています。副鼻腔のなかでは上顎洞がいちばん大きく、その天井に相当する部分の上には目が、逆に床の下には上顎歯の歯根(しこん)が存在するために上顎洞の病気のなかには目や歯の症状として始まるものがあります。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

■自宅で鼻を高くするならHICO、鼻筋を通し形をきれいにするならツンデレラをオススメします!
美容大国と言われる韓国で一躍脚光を浴びたのが、美鼻矯正器具・ハイコ(HICO)です!1日10分つけるだけ!!軟骨を持ち上げ伸ばす自然作用!!それが、韓国で大ウケした美鼻矯正器具、ハイコです。そして、ペチャ鼻、ダンゴ鼻、上向き鼻といった鼻の形の修正、手軽に鼻筋を通すのが美鼻矯正器具ツンデレラです。

【美鼻矯正器具・ハイコ=HICO】

憧れのスラっとした高い鼻が、1日10分HAIKO(ハイコー)を装着しているだけで手に入ります。韓国でダイヒットした美鼻矯正器具ハイコがついに日本上陸。

【美鼻矯正器具・ツンデレラ】

ペチャ鼻、ダンゴ鼻、上向き鼻のプチ補整術!鼻筋、鼻先をピンポイントで押圧。キュッとつまむだけの美容整形発想。リラックスタイムに手軽に簡単プチ整形!

※その他の鼻矯正方法はトップページもしくはメニューからどうぞ。
鼻矯正情報.com< トップページ>
ページ一覧
いろんな鼻の形について
理想的な鼻の形とは?
ノーズクリップと鼻の矯正
鼻の構造について
鼻の仕組みと働き
顔の輪郭が与える印象
鼻のゆがみを矯正する方法1
鼻のゆがみを矯正する方法2
鼻のゆがみを矯正する方法3
鼻のゆがみを矯正する方法4
輪郭矯正の方法
小鼻の脂肪取り
鼻を高くするツボ
鼻を矯正する呼吸法
鼻矯正セルフカイロ
ミヤビ法で鼻を矯正する
モデルの鼻矯正方法
整形手術で強制する
鼻の彫り作りをしよう
鼻高矯正器具HICO
美鼻矯正器具ツンデレラ
自宅でできる美容講座 
当サイトでは紹介していない、最新の美容情報を大公開します!!整形外科が教えたくない、高額なお金を払って整形手術を受けなくても、手術並みの効果がある、美容術を【無料】で伝授!!
お悩み解消メルマガ講座
美容・健康ランキング
 

Copyrightc2011 鼻矯正情報.com All rights reserved.